教員になる人が減少をしています

昔は学校の先生というと憧れの職業の1つでした。しかし最近では教職員を目指す人が激減をしています。それは今の学校の問題があるようです。学校教育の場で崩壊が起きている、ということもあり、訴訟問題も発生することがあるので、リスクを避けたいと考える人が増加をしています。保護者からのクレームもかなり増えてきているので、そのクレーム対応で疲れてしまう、という教職員が増えています。また昔と比べると教職員のうつ病の罹患者も増えてきていますし、社会生活に支障をきたすような状況に陥ってしまう人も増えてきています。大変な仕事ということで教職員を目指す人が減ってきています。ストレスをダイレクトに感じる仕事ですし、昔は通じていたことが今ではハラスメントとなって教育委員会に訴えられてしまうという可能性もあるので、今教育現場が抱えている問題を知った上で教職員を目指すのかどうか、ということを判断したほうがよいでしょう。かなり厳しい職場であることは変わりがありません。