質の高い教育と学力の高さに関する話

子供の頃に様々なことを学ぶことは大事ですが、それが質の高いものでないと後々まで人格に悪影響を及ぼします。質の高い教育というのはそれのどこに価値を見出すかによりますが、基本的に質の高い教育というのは高い学力を身につけることができる教育のことを指すでしょう。しかし、高い学力というのは学校の勉強ができることだけを指すのではありません。具体的には学校教育で得た知識・教養を社会生活に応用して、道徳や規範意識を高く持つことが高い学力にも深く関わってくるということです。学力の高さというのは、基本的には社会還元度に比例している必要がありますが、それは必ずしもそうはならないので難しいところがあります。つまり、学力の高さを悪用してモラルに反した行動を取るようになる存在がいるということです。それらが社会の要所要所で問題を起こしているので社会トラブルはありますし、それを食い止める手段はありませんが、社会の流れがそれを容認したり、社会的成功者として崇めると社会はますます衰退するでしょう。